医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

医療情報技師の医学医療系の頻出問題を解説する記事になります。

医療情報技師を目指す人はもちろん、医療情報分野について学びたい方にもわかりやすく紹介していきます。

情報系出身の方には医学医療系は難しいと感じる問題が多いと思いますので、頻出問題を通してこの分野の内容を少しでもお伝えできればと思います。  

 

今回紹介する内容をこちらになります。

記事の内容
  • インフォームドコンセントとは?
  • DPCとは?
  • 地域包括ケアシステムとは?
  • 全国がん登録とは?
  • 画像診断とは?
  • 医療従事者に関わる内容

 

管理人が医療情報技師の受験時に重点的に勉強したところを中心にお伝えしていきます。  

 

医療情報技師の試験の内容について知りたい方はこちらの記事をあわせてご覧ください。

医療情報技師とはどんな資格?試験や勉強方法のポイント

1.インフォームドコンセントとは?

インフォームドコンセントとは診断・診療手順、傷病名、症状、治療の方法、治療法のもう特徴・利点・危険性および予後について患者や家族が十分理解できるように説明し、十分納得したうえで医療行為実施に同意を得るための手順のことである。

インフォームドコンセントの内容、過去問などを紹介したのがこちらになります。 

インフォームドコンセントとは? | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

2.DPCとは?

DPCは入院医療における診断群分類包括評価における定額支払になります。

基本は医療行為に対して、報酬を支払うのが出来高支払いです。

それに対して包括評価での支払いは、患者の病気、手術の有無や処置の内容によって支払額決まる制度になっています。

DPCの内容、過去問等をまとめたのがこちらです。 

DPCとは? | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

3.地域包括ケアシステムとは?

地域包括ケアシステムとは高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるような地域の包括的な支援・サービス体制をさします。

この地域包括ケアシステムについてまとめ記事が下記になります。 

地域包括ケアシステムとは? | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

4.全国がん登録とは?

全国がん登録とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理するものです。

全国がん登録の内容と過去問等をまとめた記事がこちらになります。 

全国がん登録とは? | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

5.画像診断とは?

画像診断とは放射線、超音波、核磁気共鳴などを用いて、体内の疾患の状態を把握する検査のことです。

画像診断について内容と過去問をまとめたのがこちらです。 

画像診断とは? | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

6.医療従事者に関わる内容

国家資格や守秘義務など医療従事者に関わる問題が試験では出題されます。

こちらの内容についてまとめたが下記の記事になります。

医療従事者に関わる問題 | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

まとめ:医学医療系の問題

医療情報技師の医学医療系の対策としていくつか内容を取り上げました。

一部の内容の紹介ですが、少しでも試験勉強の参考になっていただければ幸いです。

 

各記事の出題状況からもわかるように、医療情報技師は過去問が非常に大切になってきます。

過去問をもっと重点的に取り組みたい方はこちらの過去問・解説集もどうぞ!

 

医療情報技師 過去問・解説集

 

(Visited 64 times, 1 visits today)