MediR
医療事務・医療情報分野で頑張る人を応援したい
ニュース

2020年診療報酬改定 中医協で改定率議論へ

2020年の診療報酬改定の議論が進む中、12月6日中医協総会で改定率の議論に入りました。

診療報酬改定への議論も取りまとめが進み、どういう形の改定されるか気になるところです。

ニュース

12月6日、中央社会保険医療協議会 総会(第439回)で診療側と支払側の改定率の意見が発表されました。

参考:厚生労働省 中央社会保険医療協議会総会(第439回)

どちらも社会保障制度、国民皆保険制度の維持をうたいつつも内容は異なります。

まず支払側はマイナス改定を主張しました。

増え続ける一人当たりの保険料負担をおさえるために、

  • 高齢化や人口減など人口動態を踏まえ、負担をおさえるべき
  • 医療経済実態調査の結果から、中期的に見ればおおむね堅調

という2点からマイナス改定を訴えました。

 

続いて診療側からプラス改定の意見を出しました。

診療側は

  • 人生100年時代に必要な医療の構築
  • 医療経済実態調査の結果、総じて横ばいの経営状況
  • 社会保障を充実させ、経済の好循環を生み出す
  • 経済成長を促し、地方創生へ貢献
  • 医療従事者の負担軽減、働き方改革の推進
  • ICTの活用
  • 薬価改定財源は診療報酬本体に充当すべき

これらの点からプラス改定を主張しました。

両者の意見をまとめ、今後中医協としての意見を政府に提言するとのことです。

まとめ

2020年の診療報酬改定に議論が本格化し、各分野のとりまとめが進んでいます。

社会保障費は単に医療分野だけでなく、政府としても頭を悩ましているところになります。

取りまとめが進む診療報酬改定の内容と合わせて、動向を注目していきたいところです。

(Visited 8 times, 1 visits today)