MediR
医療事務・医療情報分野で頑張る人を応援したい
医療情報分野の資格

医療従事者に関わる問題 | 医療情報技師の医学医療系の頻出問題解説

医療情報技師の医学医療系の頻出問題を解説するページになります。

医療情報技師を目指す人はもちろん、医療情報分野について学びたい方にもわかりやすく紹介していきます。

今回紹介するのは『医療従事者に関する内容』となります。

 

今回抑えておきたい内容をこちらになります。

記事の内容
  • 医療従事者で国家資格のものはどれか?
  • 業務独占、名称独占とは?

 

医療情報技師の試験の内容について知りたい方はこちらの記事をあわせてご覧ください。

医療情報技師とはどんな資格?試験や勉強方法のポイント 医療情報分野の資格の医療情報技師。 医療事務向けのシステムを取り扱っている人や医療機関でシステム保守している人は気になる資...

1.医療従事者について

医療従事者と言っても多くの仕事があります。

その医療従事者について、どんな仕事があってどの仕事が国家資格かといった問題がたびたび出題されます。

ここではよく出題される内容から、下記について紹介していきます。

  • 医療従事者の国家資格
  • 名称独占と業務独占
  • 守秘義務

 

医療従事者の国家資格

まずは医療従事者の国家資格についてです。

国家資格には代表的なもので下記があります。

  • 医師
  • 歯科医師
  • 看護師
  • 助産師
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 救急救命士
  • 臨床検査技師
  • 診療放射線技師
  • 理学療法士
  • 介護福祉士
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 管理栄養士

等々(試験でよく見かける資格を中心に書いています)

逆に下記の資格は国家資格にはあたりません。

  • 診療情報管理士
  • 准看護師
  • 医療事務作業補助者
  • 医療情報技師

等々

上記は一例です。

医療系の資格は民間もあわせればかなりの数があるので、すべての資格を抑えることはなかなか難しいですが、代表的なものはしっかりと抑えておきましょう。

名称独占と業務独占

医療従事者に関する内容で、よく出題されるのが名称独占と業務独占です。

名称独占とは、その名称は一定の教育訓練を受け、所定の資格を得たもののみしか名乗ることができないものです。

業務独占は、その業務の遂行にあたって専門的な判断や技術、行為が必要であり、一定の教育訓練を受け、所定の資格を持つ者だけしか行えないことを指します。

例えば看護師や薬剤師は業務独占かつ名称独占です。

保健師については名称独占であることが定められていますが、業務独占であることは定められていません。

守秘義務

医療従事者の業務は個人情報をはじめとした重要な情報の取り扱いと密接にかかわっています。

そのため多くの職種において法律で守秘義務が課されています。

どの法律で守秘義務が課されるかについて出題されることがあるので、代表的なものをしっかりと抑えておきましょう。

医師、薬剤師、歯科医師、助産師は刑法で守秘義務が定められています。

看護師、保健師、准看護師は保健師助産師看護師法によって定められています。

これ以外にも個人情報の取り扱いという点であれば、個人情報の保護に関する法律があります。

 

2.過去5年の出題状況

過去5年の出題状況は以下のような形になっています。

年度出題の有無
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度

 

ここ5年は出題傾向としては、毎年出題されています。

毎年出題のされ方はまちまちですが、今回紹介した内容に関して1問ないし複数問出題されています。

また、今回紹介しきれなかった医療従事者の仕事の内容についてもよく出題されるので、余力がある方はあわせて勉強しておきましょう。

3.例題(過去問)

医療従事者に関する内容の例題として過去問3問用意しました。

3.1 1問目

問題

国家資格ではないのはどれか。

1.准看護師
2.介護福祉士
3.柔道整復師
4.診療放射線技師
5.あん摩マッサージ指圧師

解答

解答は1になります。

准看護師は都道府県知事の免許を受けて取得する資格のため誤りとなります。

こちらは2019年の試験で出題された問題になります。

3.2 2問目

問題

刑法によって守秘義務が定められている職種はどれか。

1.看護師
2.助産師
3.保健師
4.管理栄養士
5.臨床心理士

解答

解答は2になりまます。

助産師はの守秘義務は刑法で定められています。

こちらは2018年の試験で出題された問題になります。

3.3 3問目

問題

誤っているのはどれか。解答は2つあります。

1.看護師は業務独占である
2.保健師は業務独占である
3.准看護師は国家資格である
4.助産師は女性に限定された職種である
5.看護師の人材確保の促進に関する法律に看護職員の定義がある

解答

解答は2,3になります。

保健師は名称独占が定められていますが、業務独占ではありません。

また3についても先ほどの問題にもありましたが国家資格ではありません。

こちらは2017年の試験で出題された問題になります。

まとめ:医療従事者に関する内容について

医療情報技師の医学医療系の対策として「医療従事者に関する内容」を取り上げました。

医療従事者に関する問題は出題頻度が高いので今回紹介した内容だけでなく、医療従事者の仕事内容等も含めてしっかりと抑えておきましょう。

過去問にも多くの問題があるので、もっと勉強したい方はこちらの過去問集もあわせてどうぞ。

医療情報技師 過去問・解説集

 

(Visited 75 times, 1 visits today)