高齢者の人口と就業状況について | 65歳以上は3588万人で人口全体の28.4%

ニュース

総務省は9/16の敬老の日にあたって、高齢者の人口と就業状況を発表しました。

総務省:統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-

https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1210.html

高齢者の人口について

  • 9月15日現在の日本人口が1億2617万人にたいして、65歳以上の高齢者は3588万人
  • 総人口に対する割合は28.4%(前年は28.1%)で過去最高
  • 高齢者人口の割合(28.4%)は世界で最高(2位はイタリア:23.0%)

高齢者の就業について

  • 2018年の高齢者就業数は862万人と過去最多
  • 就業者総数に対する高齢者就業数は12.9%と過去最高
  • 高齢雇用者の4人に3人は非正規の職員・従業員 で 非正規の職員・従業員についた主な理由は、「自分の都合のよい時間に働きたいから」

まとめ

年々増加傾向にある高齢者の割合。

この割合は世界最高値でもあるため、医療・介護・年金での社会保障費の増大や少子化する中での労働者の確保などの問題の対策は急務です。

また、高齢者の就業者数も増えてきていることから、社会全体で働き方についても雇用の在り方や技術継承など様々な点で議論していく必要があります。

(Visited 4 times, 1 visits today)