2020年度診療報酬改定 改定率決定

厚生労働省は12月17日、2020年度の診療報酬改定の改定率を発表しました。

例年この時期に発表される改定率ですが、今回の改定も17日に発表されたのでその内容を紹介していきます。

ニュース

12月17日、厚生労働省は2020年度の診療報酬改定の改定率を発表しました。

参考:厚生労働省 令和2年度診療報酬改定の改定率等について

全体では0.46%のマイナスで、診療報酬本体部は0.55%の引き上げとなります。

詳細は下記となります。

 

診療報酬本体 +0.55%

  • 医科 +0.53%
  • 歯科 +0.59%
  • 調剤 +0.16%
  • 特例として、救急病院における働き方改革対応 +0.08%

薬価等

  • 薬価 ▲0.99%
  • 材料価格 ▲0.02%

となります。

 

診療報酬本体がプラス改定になるのは7回連続となります。

また、今回は特例として働き方改革に+0.08%をあてられたことが一つポイントになるのではないでしょうか。

2020年度の診療報酬改定の重点課題として、「医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進」が挙げられているのでその対応と思われます。

2020年度の診療報酬改定の基本方針は、下記で取り上げているので気になる方はこちらもどうぞ。

令和2年度診療報酬改定基本方針の決定

まとめ

2020年度の診療報酬改定の改定率が発表されました。

先日も診療報酬改定の基本方針が発表され、いよいよ改定が近づいてきました。

医療機関やシステムメーカーにとっては、発表されてからが本番になってきますので少しでも事前準備を進めていきたいところです。