MediR
医療事務・医療情報分野で頑張る人を応援したい
仕事

診療報酬請求事務能力認定試験勉強のおすすめ通学・通信講座

医療事務の難関資格「診療報酬請求事務能力認定試験」。

医療事務の仕事に就いている方でこの資格取得を目指している方も多いと思います。

また、この資格の試験勉強をするために通学・通信講座を検討している方もいるのではないでしょうか。

ここでは診療報酬請求事務能力認定試験(医科)を学習できる通学・通信講座を紹介します。

記事の内容
  • 診療報酬請求事務能力認定試験とは?
  • おすすめの通学・通信講座は?

 

1.診療報酬請求事務能力認定試験とは?

まずは簡単に「診療報酬請求事務能力認定試験」とはどういうものかについて紹介していきます。

1.1 試験の概要

日本医療保険事務協会が実施する資格試験で、数ある医療事務の資格のなかでも評価が高い資格です。

この資格の評価が高いポイントとして、厚労省が認定した公的資格であること、医療事務の試験でも最難関と言われいてる点です。

試験内容は、医療事務業務や保険、法律の知識、レセプト作成業務など広い知識が求められます。

1.2 試験の特徴

この資格の特徴を簡単にですが箇条書きで紹介します。

  • 試験にはテキスト等が持ち込み可能
  • 試験科目には学科試験と実技試験があり、2つあわせて3時間で回答する
  • 合格基準は高い
  • 合格率は30%前後で他の医療事務資格に比べるとかなり低い(難しい)
  • 実技試験ではレセプトの作成

こういった特徴があります。

難関資格所以のところもあるので、受験する方は確認しておきましょう。

 

試験の詳細についてはこちらで紹介しているので気になる方はご覧ください。

診療報酬請求事務能力認定試験とはどんな資格?勉強方法は?医療事務の難関資格である「診療報酬請求事務能力認定試験」。 この資格についてこんな悩みをお持ちではないでしょうか? 周り...

2.診療報酬請求事務能力認定試験が勉強できる通学・通信講座

診療報酬請求事務能力認定試験は難関資格のため、医療事務の業務経験がある方でも難しいことから、通学・通信講座で試験対策のコースを受講し、受験されることが多いです。

そこで診療報酬請求事務能力認定試験が勉強できる通学・通信講座を紹介していきます。

2.1 診療報酬請求事務能力認定試験対策用のコースがある通学・通信講座

医療事務の仕事は事務の仕事だけでなく、医療知識や患者さんへの対応など様々な業務があり、覚えることがたくさんあります。

そのためその勉強をサポートする通学・通信講座は世の中に多くあります。

その中で医療事務の難関資格である、「診療報酬請求事務能力認定試験」が勉強できるコースは多くあると思われがちですが、意外にも下記の3講座(2社)しかありません。

  • ヒューマンアカデミー
  • ヒューマンアカデミー「たのまな」
  • フォーサイト

となります。

ヒューマンアカデミーは通学講座と通信講座の「たのまな」があり、フォーサイトは通信講座となります。

この3つについてこのあと比較や特徴を紹介していきます。

2.2 通学・通信講座の比較

ここでは、ヒューマンアカデミー、フォーサイトの通学・通信講座で「診療報酬請求事務能力認定試験」が勉強できる講座を簡単に比較していきます。

講座タイプ標準学習期間受講料
ヒューマンアカデミー通学6ヶ月~199,870円(受講料)~
33,000円(入学金)
ヒューマンアカデミー
「たのまな」
通信3か月~43,800円(受講料)~
フォーサイト通信3,4か月47,080円(受講料)~

詳細な受講料や学習期間はどのコースで勉強するか、オプションとして何をつけるかで変わってきます。

まずヒューマンアカデミーの通学講座は基礎から学べるため、学習期間も長く受講料も直接講師から学べることから高く設定されています。

一方で通信講座の「たのまな」と「フォーサイト」はどちらも学習期間、受講料は同じくらいになっています。

3.各通学・通信講座の特徴

2章で紹介した3つの通学・通信講座について詳細や特徴を紹介していきます。

3.1 ヒューマンアカデミー(通学講座)

社会人のビジネススキルの通学・通信講座を提供する「ヒューマンアカデミー」

このヒューマンアカデミーの医療事務講座の特徴はなんといっても、講座の種類です。

目指す資格や学びたい内容に応じて、多くの講座が通学講座、通信講座それぞれで設定されています。

その資格のなかでも「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指せるコースは二つ用意されています。

コース受講期間受講費
医療事務講座+受験対策コース6カ月~199,870円(受講料)
33,000円(入学金)
医療事務総合コース7カ月~357,060円(受講料)
33,000円(入学金)

どちらも医療事務の基礎から学べるコースとなっており、診療報酬請求事務能力認定試験以外の資格も目指すことが可能です。

医療事務総合コースには医事コンピュータや電子カルテの取り扱いを学ぶ内容も入っているため、移譲事務に必要な知識が幅広く学ぶことができます。

これらの講座の特徴としては

  • どちらのコースも教育訓練給付金対象コースとなるので条件を満たす方は20%還付金がうけることができる
  • 講座修了後に就職・転職サポートがある

 

医療事務を基礎からしっかりと学び、勉強後に就職・転職を検討しておられるという方にはおすすめの講座となります。



ヒューマンアカデミーのほかの講座や詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

医療事務講座ならヒューマンアカデミー | 費用、学べる資格は?様々な世代から人気のある仕事「医療事務」。 医療事務の仕事に挑戦するにあたって、医療事務の仕事や知識を学びたいという方は多いのではない...

3.2 ヒューマンアカデミー「たのまな」

通学講座同様、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座専門の「たのまな」になります。

こちらも通学講座同様目指したい資格や学びたい内容に応じて、コースが複数用意されていて、診療報酬請求事務能力認定試験の対策コースとなるのは下記となります。

コース受講期間受講費
診療報酬請求事務能力認定試験
対策講座
3カ月~43,800円~
医療事務+診療報酬請求事務能力認定試験対策講座9カ月~79,400円~

一つ目の講座は試験対策に特化した講座となっており、医療事務の経験があってテスト対策だけ受講したいという方におすすめとなります。

もう一つのコースは医療事務の基礎から学べるコースとなっていて、その分受講費用も高くなっています。

どちらのコースもオプションでeラーニングの教材をつけるかどうかを選択できるので、動画等で勉強したい方はオプションも選択してみてください。

この「たのまな」も通学講座同様、就職・転職サポートを受けることができるのが特徴の一つです。



ヒューマンアカデミー「たのまな」のほかの講座や詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

医療事務通信講座ならヒューマンアカデミー「たのまな」 | 費用、学べる資格は?様々な世代から人気のある仕事「医療事務」。 医療事務の仕事に挑戦するにあたって、医療事務の仕事や知識を学びたいという方は多いのではない...

3.3 フォーサイト

「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格が目指せる講座がある「フォーサイト」

受講者の合格率も67.6%と全国平均の合格率34.8%よりもかなり大きな値となっており、医療事務の難関資格であっても十分な実績があります。

こちらの受講形態は通信講座になりますが、DVDやeラーニングに力を入れていて、スマートフォンなどで動画を見ながら勉強することができます。

ヒューマンアカデミーと比較すると、医療事務に関する講座は「診療報酬請求事務能力認定試験スピード合格講座」一つとなっているので、コース選択に迷わずにすみます。

コース受講期間受講費
診療報酬請求事務能力認定試験
スピード合格講座
3,4カ月47,080円~

受講費用はオプションのDVD教材をつけるかどうかで変わってくる形となります。

試験対策のみで受講したい、コース選択で迷いたくないという方にはおすすめの講座となります。



まとめ:診療報酬請求事務能力認定試験対策のおすすめ講座

診療報酬請求事務能力認定試験が勉強できる通学・通信講座を紹介しました。

今回紹介した通学講座と通信講座はそれぞれ特徴があるので自分に合ったものを選びましょう。

診療報酬請求事務能力認定試験は難関資格ですので、自分にあった勉強方法を考え、試験対策をしてみてください。

 

最後にこの記事のまとめとなります。

ポイント
  • 診療報酬請求事務能力認定試験は厚労省が認定した公的資格であること、医療事務の試験でも難関資格である
  • 診療報酬請求事務能力認定試験が勉強できる通学・通信講座は「ヒューマンアカデミー(通学講座)」「ヒューマンアカデミー たのまな(通信講座)」「フォーサイト(通信講座)」の3つ

 

どの講座も受講費用がかかるものですので、いきなり申し込みはハードルが高いという方は資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

ヒューマンアカデミー(通学講座)はこちら



ヒューマンアカデミー「たのまな」はこちら


フォーサイトはこちら



(Visited 117 times, 1 visits today)